意外と簡単?こじらせ女子の治し方

「こじらせ女子」という言葉をご存知ですか?

「こじらせ女子」とは文字通り、自分に自信がなく常にネガティブ思考の「あ~、いろいろこじらせちゃってるな」という残念な女性のこと

そんな「こじらせ女子」は、人間関係や恋に臆病かつ否定的で、せっかく手に届くところにある幸せをみすみす逃してしまうことも少なくありません。

せっかく女子に生まれたからには、素敵な恋や恋人との時間を楽しまないともったいないですよ

そこで本記事では、厄介な「こじらせ女子」の治し方についてみていきましょう。

スポンサードリンク

1.自分の生い立ちを振り返る


あらゆることに否定的で、批判的。せっかくの好意や褒め言葉にも「裏があるのでは?」「何か罠があるのかも」と疑ってしまう強い猜疑心。

みんなで盛り上がっても一人だけ冷めて周囲を見てしまうクールさ。

恋愛に関してもいつも卑屈で消極的。

上記のような傾向が見られたら、それは「こじらせ女子」である可能性が高いです。

なぜそんな「こじらせ女子」になってしまったのか。

それは、もともとの完璧主義な性格もありますが、多くは幼児期や思春期の親子関係や友達関係が大きく影響していることが少なくありません

親から勉強やスポーツなどで優秀な成績を出すことを常に求められてきた女性や、優秀な兄弟姉妹と比較されてきた女性、華やかな友人と常に一緒にいた女性など、子供のころから多大な期待やプレッシャーを受けて、それに応えることが出来なかった女性に多いようです。

そのせいで「どうせ自分なんて・・・」という自己否定の考え方が身についてしまっているので、ストレートな他者からの良い評価や賞賛・好意も素直に受け取ることができないのです。

小さなころからの積み重ねによって今の自分があるわけですから、すぐにその自己否定の考え方や見方を治すことは簡単ではないことでしょう。

しかし、もう一度、自分の過去を振り返ってみましょう

そんな過酷な状況の中で、周りからの期待に応えようと自分なりに頑張ってきた自分は確かにそこにいたはずです。

残念ながら結果が伴わなかったかもしれませんが、それでも努力を続けてきたなんてそれはとてもすごいことですよね。

人格形成の重要な時期に、苦しい気持ちや悲しい気持ちもすべて抱え込んで頑張ってきた自分自身をまずは「すごかったね」「がんばったね」と認めてあげましょう

そうすることで少しずつ自己肯定感や自信はよみがえってくるはずです。

2.自分サゲの発言をやめる


言葉には力があります。

常に「自分なんて」「どうせ私なんか」と自分サゲの発言をしてしまう「こじらせ女子」は、そんな自己否定をする言葉を使うことをやめましょう

誰だって、暗いネガティブな話をする人と会話するよりも、明るくポジティブな楽しい話をする人と会話をしたくなるものです。

ギャグとしてたまに会話に入れることはアリですが、常に自分サゲ発言をしてしまう傾向がある「こじらせ女子」は極力そういった発言をしないようにしましょう

それよりも、「わたし、こう見えてけっこう料理が好きなんだよね」など、「自分はココがいい」「コレができる」という良い面をアピールするようにしていきましょう。

そして褒めてもらえば、疑う前に「ありがとう」という口癖をつけることも大事

相手の本当の気持ちは相手にしかわかりません。

それを勘ぐって「本当はそう思っていないんじゃないの?」と疑うことに何の意味があるでしょうか?

そんな無駄な気苦労を自分から抱えこむよりも、そのまま無邪気に「ありがとう」と受け入れた方がお互いに気持ちがいいはず。

それによってコミュニケーションはスムーズにとれますし、相手との関係も良好になっていくことでしょう。

スポンサードリンク

3.言わざる・聞かざる

誰だって、何かしら不満や苛立ちは感じるものです。

しかし、それを毎回口に出して言うことで得られるものは何もありません。

「こじらせ女子」はなおさらネガティブに物を見る性質が強く、何事においてもすぐに愚痴や不満が口から出てしまいやすいので要注意。

嫌なことがあっても、言わない

人にいうくらいなら、家に帰ってノートに書きなぐって発散しましょう。

そして、誰かが愚痴や不満を言っても聞かない

ネガティブな話題になりそうなら、そっとその場を離れて引きずられないようにするのも、脱「こじらせ女子」に必要なことです

まとめ

以上、こじらせ女子の治し方についてご紹介しました。

面倒で厄介な「こじらせ女子」。

しかし、自分の普段からの心がけ・対応によって、「こじらせ女子」を卒業することは不可能ではありません

もっと自分の人生を楽しく明るいものにしたいのなら、ぜひ今回ご紹介した方法を取り入れ、いちはやく脱「こじらせ女子」しましょう

★おすすめ関連コラム★
【PR】

【的中率98%!】

恐いほど当たる恋愛占い


こんな悩みありませんか?

「元彼とどうしても復縁したい!」
「このまま不倫の関係を続けて私は幸せになれるの?」
「運命的な出会いを成就させるには?」
「生きている意味が分からなくなってきた・・・」

あなたの深い不安や悩みを百戦錬磨の恋愛占い師に打ち明けてみませんか?

【100人限定】3万人の深い恋の悩みを解決してきたプロの占い師があなたの悩みを無料鑑定致します。
↓  ↓  ↓

*登録して気に入らなければ簡単に解除出来ます。
*【プライバシー尊重】迷惑メール等が行く事は一切ありません。




ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 「着るだけで痩せるなんて本当なの?」 ショーツを履くだけで痩せると女性たちの間で大評判の「エクスレ…
  2. 付き合っている彼氏が喫煙者。 あるいはヘビースモーカーなので、「なんとかたばこをやめてほしい」…
  3. 何事においてもでも、第一印象はとても大事! 特に恋愛では、初対面の男性に与える第一印象を良くす…
  4. 「最近、デートがマンネリ気味・・・」 というカップルにおすすめなのがダブルデート。 友達…
  5. 好きな人や気になる人からキャンプデートに誘われたら、それは「二人の距離を縮める大チャンス到来!」と見…

注目コンテンツ

  1. 2017-4-4

    彼の本心が知りたい!未読無視・音信不通から救ってくれた電話占い師

    こんにちわ。 「恋愛のトリセツ」メディア営業部の加藤です。 この度は私の記事をお読み頂きまし…
  2. 2015-8-18

    両思いのはずだけど、なんだかつまらないと感じた時の原因と男性心理

    「付き合っているけど、彼の態度がそっけない・・・」 「彼が何を考えているのかわからない。本当にあた…
  3. 2015-7-7

    デートで喧嘩ばかりしている女子の特徴と彼に好かれる5つのコツ

    「彼のことは大好きだけど、デートに行くといつも喧嘩ばかり・・・」 一緒にいるのは楽しいけれど、…
  4. 2015-9-18

    忙しい彼氏とラブラブに付き合う方法!メールを送る頻度や時間帯は?

    彼が仕事で忙しく、なかなか会えない日々が続くと不満や寂しさが募るものです。 しかし、気持ちのま…
  5. 2015-8-9

    離れていても浮気しないで!彼との遠距離恋愛を楽しくする3つのコツ

    「週末が早く来ないかなー」 遠距離恋愛になると思うように会う事が出来なくなります。 今ま…
  6. 2016-5-23

    喫煙する女性は恋愛対象外?タバコを吸う女性を嫌う男性心理

    タバコは体に悪いことはわかっている。 だけど、 「ストレスを感じた時や食後の一服がやめら…
  7. 2015-9-22

    好きな人に女性から電話で告白する時のポイントと成功させる為のコツ

    「好きな人にこの気持ちを伝えたい!」 と思ったとき、あなたはどのような方法で告白しようと考えま…
ページ上部へ戻る