小悪魔女子必見!好きな人に会いたいと思わせる5つのテクニック!

74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s (1)

好きな人に会いたいと思うのは当然です。

しかし、「会いたいよー」
と大好きな彼にストレートに伝えるのはNG!

実る恋も実らなくなってしまうかも。

ちょっとした言い回しや気を惹くテクニックを使い、
彼の方から会いたいと思わせてみませんか?

恋愛は追ってばかりではいけません。

追わせる事も大事なのです。

今回は、好きな人に会いたいと思わせるテクニック5つをご紹介します。

スポンサードリンク

1.メールはシンプルに

好きな人にはいろいろ話したいし、
いろいろ教えてほしいですよね。

だから一日に何度も長文メールを送る女性もいますが、
はっきり言って彼女でもない女性から内容の濃いメールを送られるのは男性からすると非常にストレスになります。

好きな気持ちが行間からじんわりにじみ出てくるような重いメールは控え、
メールの内容はシンプルにすることをおすすめします。

その分、会ったときにはしっかり話すことがポイント。

「会ったときにはあんなに楽しそうに話してくれるのに、メールだとそっけない」

というギャップが、

「もっと話したい、会いたい」

と思わせるテクニックです。

2.秘密の部分を作る

誰でも隠されたものは興味を惹かれてもっと知りたくなるものですね。

それは人間関係でも恋愛でも同じこと。

なんでもオープンの裏表のない女性は誰からも好かれますが、
ミステリアスな部分がないと恋愛対象として見てもらえないかも。

「あの子の事をもっと知りたい!」

と男子に思わせるよう、何でも正直に喋らず、
多少はぐらかす感じの方が興味を持ってもらえます。

自分のことを知ってもらいたい一心からなんでも話してしまうよりも、
好きな人にも見せない部分を作っておく作戦が効果的です。

そうすれば、好きな人から「もっと会って話したい」と思ってもらえますよ。

3.別れ際はさっぱりと

好きな人と会っている時間は至福の時間ですね。

ですが、楽しい時間ほどあっという間には終わってしまいます。

だからといって、
名残惜しくてお別れの時間になっても離れられずにいるのは、
「また会いたい」と思わせるのにはマイナス。

会っている時間は思いっきり楽しんで、
去り際は「じゃあ、またね」とあっさりするよう心がけましょう。

そして帰ったらすぐに
「今日はありがとう。すごく楽しかった。また誘ってね」
などと、あっさりした内容でお礼を伝えるのがポイント。

彼にはあなたの気持ちがわからなくて、
そのミステリアスな部分に魅かれてまた誘ってみようと思うはず。

スポンサードリンク

4.お誘いにはお預けが効果的

好きな人から誘われたとき、
毎回すぐにOKを出すのはやめましょう。

「あ、その日はちょっと予定が合って。○日なら大丈夫」
と代替案を出しつつ、相手の予定通りにはいかないぞというところをアピール。

男性心理として、いつでも会える女性とは
予定を合わせてまで会おうとは思わなくなります。

しかし、予定が合って思い通りにはいかない女性には、
なんとかして自分の都合や予定を変えてでも会いたいと思うようになります。

好きな人からのお誘いは自分の別の予定を変更してでも了承したくなるものです。

ぐっとこらえる我慢が相手の「会いたい」気持ちを強くしてくれるポイントなのです。

5.スキンシップを適度に盛り込む

人は優しく触れられると心が落ち着て穏やかになるものです。

好きな人との会話の最中にさりげなく肩に触れたり、
背中を手を置いたりする優しい所作やスキンシップは、
相手の心をリラックスさせて、親近感を抱きやすくなります。

もちろん最初に何気なく触れた時に相手が嫌な顔をしなければ、の話ですが。

「この子と一緒に居れば自分の心が落ち着く」
と大好きな彼に思ってもらえれば、自然とお誘いは増えます。

もちろん一緒にいる時間が長くなれば好意も強くなっていきます。

お互いに一緒に過ごす時間を貴重だと感じるよう、
心地よく、安心できる空気や雰囲気を作るようにつとめましょう。

そうすればあなたは彼にとってかけがえのない存在になっていくはずです。

ですが、あまりベタベタするのはNG。

あくまでもまだ「彼女」ではなく、「友達以上恋人未満」なのです。

だから、彼に触れた時、いやな顔をしなかったからといって、
調子に乗ってベタベタ触らないようにしましょう。

それはセクハラですよ(笑)

おわりに

以上、好きな人に会いたいと思わせるテクニック5つをご紹介しました。

会いたいと思わせるには、ミステリアスさを演出し、
「もっと知りたい」、「また会いたい」と興味を持ってもらうことが大事。

そして、一緒にいるときには安心感とリラックスを与え、至福の喜びを感じさせてあげましょう!

今回ご紹介したテクニックを利用し、
「すごく会いたい!」と思ってもらえる女性を目指て下さいね。

★おすすめ関連記事★

辛い片思いを卒業したい!脈なしを脈ありに変える方法5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【PR】

【的中率98%!】

恐いほど当たる恋愛占い


こんな悩みありませんか?

「元彼とどうしても復縁したい!」
「このまま不倫の関係を続けて私は幸せになれるの?」
「運命的な出会いを成就させるには?」
「生きている意味が分からなくなってきた・・・」

あなたの深い不安や悩みを百戦錬磨の恋愛占い師に打ち明けてみませんか?

【100人限定】3万人の深い恋の悩みを解決してきたプロの占い師があなたの悩みを無料鑑定致します。
↓  ↓  ↓

*登録して気に入らなければ簡単に解除出来ます。
*【プライバシー尊重】迷惑メール等が行く事は一切ありません。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. f381e46d8784168242f948aa4fdace88_s (1)
    付き合っている彼氏が喫煙者。 あるいはヘビースモーカーなので、「なんとかたばこをやめてほしい」…
  2. 428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s
    何事においてもでも、第一印象はとても大事! 特に恋愛では、初対面の男性に与える第一印象を良くす…
  3. 15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s (1)
    「最近、デートがマンネリ気味・・・」 というカップルにおすすめなのがダブルデート。 友達…
  4. 41a28c33bb46004f2dd909f0609d4918_s (1)
    好きな人や気になる人からキャンプデートに誘われたら、それは「二人の距離を縮める大チャンス到来!」と見…
  5. 1e8587c69564d70c1b6c88da3c00f3aa_s
    アウトドアは、普段見られない人間性や考え方がわかるとっても良い機会。 例えば、とにかく自分が楽…

応援して頂ければ嬉しいです♪

注目コンテンツ

  1. 288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s (1)

    2015-9-12

    癒し系女子になりたい方必見!忙しい彼氏が彼女にされて絶対に喜ぶ4つの事

    付き合っている彼氏が激務で、肉体的にも精神的にも常にお疲れ気味。 「わたしと仕事、どっちが大事…
  2. 20140307182206-232S (1)

    2015-8-13

    仕事が忙しい彼氏の気持ちをギュッと惹きつける5つのメールテクニック

    仕事をバリバリこなす男性はかっこいいですよね? 異性として魅力を感じますが、 自分の彼氏とし…
  3. 7d145686a442b1cca10d523ba1f7c6ce_s (1)

    2016-5-16

    好きな人と花火大会デートに行く際の注意点6つ

    好きな人、あるいは彼氏との花火大会デートは、夏の素敵な思い出になる記念すべきイベントですよね。 …
  4. 469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s (1)

    2016-6-6

    告白の返事待ち期間を有効活用!付き合う成功率を上げる3つの方法と心構え

    大好きな人に満を持して告白をしたけれど、その返事は 「ちょっと待って。考えさせて」 と無…
  5. 20140804120346-112S (1)

    2016-5-21

    彼氏が涙を流した時の対処法|泣いている理由別正しい慰め方

    「女々しくて」というのは今や死語。 最近では、女々しい・恥ずかしいと思わず、人前で涙を流すこと…
  6. a7376aee75ae52a592ececf9266dfa77_s (1)

    2015-8-18

    両思いのはずだけど、なんだかつまらないと感じた時の原因と男性心理

    「付き合っているけど、彼の態度がそっけない・・・」 「彼が何を考えているのかわからない。本当にあた…
  7. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_329915201730-thumb-1000xauto-16091 (1)

    2015-8-14

    見惚れても大丈夫?視線を使った好きな人への効果的なアプローチ方法

    好きな人が近くにいると 無意識のうちについつい目が行ってしまいがちになります。 「やばい・・…
ページ上部へ戻る