結婚したら亭主関白になる男性の特徴4つ|将来的に要注意物件?

男女平等といわれる現代。

亭主関白の男性は絶滅危惧種かと思いきや、意外と結婚したら亭主関白になる男性というのは多いようです。

「頼りになる」「男らしい」というポジティブなイメージがある反面、「頑固」「身勝手」といったネガティブなイメージも根強い亭主関白。

夫婦は平等だと思っている女性にとっては、一緒に暮らす相手としては少々窮屈になってしまうかも?

そこで今回は、付き合っている間にコレが出たら危険?結婚したら亭主関白になる男性の特徴についてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

1.独り善がり

亭主関白になる傾向のある男性は、付き合っている最中から独り善がりな面が目立ちます

例えば、彼女はそれほど好きではないのに気に入っていると思い込んで自分の好きなラーメン屋めぐりに付き合わせるなど、自分の思い込みだけで突っ走って「良いことをしている」と自分ひとりで満足感や達成感を感じていることが少なくありません。

こういったタイプの男性に欠如しているのは、相手の立場になって考えるスタンスや思いやり・配慮、そして自分が間違っているかもしれないという考えです。

自分は正しいことをしている、相手も喜んでいるはず!という先入観があるので、反論しても素直に聞かないばかりか、「俺はこんなにお前のことを考えているのになんでわからないんだ」と逆切れしたり、面倒くさいことこの上なしです。

もし彼氏がこんな独善的な性格であった場合、改善は容易ではありません。

結婚したらますますその傾向は強くなることでしょう。

2.束縛が激しい

また、亭主関白になる男性は支配欲が強いため、付き合っている最中からなにかと彼女への注文や束縛が多いという特徴もあげられます

「彼女は自分のもの」という意識が強いので、彼女が自分の好ましくないと思った相手(女友達でも)と付き合うのを嫌がったり、飲み会などへの参加にも渋い顔、もしくは門限を勝手に決めたり、禁止したりするなど様々な形で彼女の人間関係や行動を規制しようとすることでしょう。

そんな束縛を、「そんなにわたしのことが好きなんだ!」と最初は彼氏の強い愛情と思うかもしれません。

しかし、それは残念ながら勘違い。

本当に好きで彼女を認め、信頼しているなら、そんな不要な束縛をする必要などありません。

付き合っている最中に、あれこれ口を出す、何かと束縛をしてくるようなら、結婚したら亭主関白になる男性と考えて良いでしょう。

スポンサードリンク

3.「オレ様」


小説やマンガなどならカッコイイと思う「オレ様」性格の男性も、リアルに自分の彼氏がそうだったら結構ウザいものです。

何をするにも上から目線。

「お前は何もしないで自分にまかせておけば良いんだよ」的な言動は、最初は頼りがいがあって素敵に思う女性も少なくないはず。

しかし、慣れてくると、相手を否定することで自分は上位に居たいというマウンティングを常にしているその言動にイラっとくることも増えてくることでしょう。

自分に自信があることは良いことですが、それにも限度があります。

相手を尊重できない思考はトラブルのもとですし、結婚後に常に「俺を立てろ」「俺の方がえらい」的な考えの人と一緒に暮らすのは非常に気苦労が多いはず。

また、「オレ様」だけれど中身や実際が伴っていなかった場合は最悪!

ただのかっこつけ・見栄っ張りの男性と一緒にいれば結婚後に苦労するのは目に見えているので、気を付けてください

4.外面がいい

結婚後に亭主関白になる男性の中には、外では全くその気配を見せないという男性も少なくありません。

仕事や友達の間では、腰が低くて丁寧。

礼儀正しく、だれからも「あの人、いい人だよね」と言われているような男性や、仲間内ではいじられキャラの男性が、一歩、家庭の中にはいると豹変して奥さんや子供に対して威張り散らすというケースも多いようです。

それは、外で取り繕い、抑圧されてためこんだストレスを、奥さんを馬鹿にしたり子供に自分の身勝手な価値観を押し付けるなどして家庭内で発散するため

こんな男性と結婚したら、幸せなはずの結婚もお先真っ暗。

将来的に子供にも悪影響が出るので、避けた方がいい要注意物件といっても過言ではないでしょう。

まとめ


以上、結婚したら亭主関白になる男性の特徴をまとめました。

亭主関白が100%悪いということはありません。

しかし、結婚後には夫婦のことや子供のこと、親のことなど二人で話し合い解決していかなければならないことがたくさんおこることでしょう。

その時に、対等な立場で話し合い、夫婦で納得できる結論を出せればよいのですが、亭主関白の男性だった場合は一方的に意見を押し付けられることになる可能性が非常に高くなります。

もし彼氏に今回ご紹介したような特徴がみられた場合、そんな夫婦の形で納得できるかどうか?を結婚前にしっかり考えておきましょう。

★おすすめ関連コラム★
【PR】

【的中率98%!】

恐いほど当たる恋愛占い


こんな悩みありませんか?

「元彼とどうしても復縁したい!」
「このまま不倫の関係を続けて私は幸せになれるの?」
「運命的な出会いを成就させるには?」
「生きている意味が分からなくなってきた・・・」

あなたの深い不安や悩みを百戦錬磨の恋愛占い師に打ち明けてみませんか?

【100人限定】3万人の深い恋の悩みを解決してきたプロの占い師があなたの悩みを無料鑑定致します。
↓  ↓  ↓

*登録して気に入らなければ簡単に解除出来ます。
*【プライバシー尊重】迷惑メール等が行く事は一切ありません。


スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 「着るだけで痩せるなんて本当なの?」 ショーツを履くだけで痩せると女性たちの間で大評判の「エクスレ…
  2. 付き合っている彼氏が喫煙者。 あるいはヘビースモーカーなので、「なんとかたばこをやめてほしい」…
  3. 何事においてもでも、第一印象はとても大事! 特に恋愛では、初対面の男性に与える第一印象を良くす…
  4. 「最近、デートがマンネリ気味・・・」 というカップルにおすすめなのがダブルデート。 友達…
  5. 好きな人や気になる人からキャンプデートに誘われたら、それは「二人の距離を縮める大チャンス到来!」と見…

注目コンテンツ

  1. 2015-7-10

    好きな人から急にメールが来なくなった時の対処法|原因は好きバレ?

    今まで親しくメールのやり取りをしていたのに、 急に彼からメールが来なくなったらショックですよね? …
  2. 2016-3-7

    イチャイチャしたい!彼氏をソノ気にさせる自然な誘い方

    男性であれ女性であれ、大好きな相手に触れたい、相手から触れられたいと思うのは当然のこと。 しか…
  3. 2015-11-11

    好きな人の気を惹くあけおめメールの送り方とライバルを出し抜く例文

    2015年も残す所あと僅かとなってきましたね。 年末年始はイベントが多い時期です。 忘年会や…
  4. 2015-6-25

    復縁したい元彼にメールを送る時の注意点|頻繫に送るのは何故NG?

    大好きな彼から突然別れを切り出されたこと、あなたにはありますか? 突然の別れ・・・悲しくて、辛…
  5. 2015-8-6

    彼と海でデートする前に絶対にチェックしておきたい6つのポイント

    夏の海デートは普段の日常から離れて特別感満載! たくさん泳いだり、浜辺の雰囲気を楽しんだり・・…
  6. 2016-1-28

    片思いの相手に送ってはいけない嫌われるLINEメッセージの内容と例文

    好きな人にLINEでせっせとメッセージを送っているのに、反応がイマイチな時ってありますよね。 …
  7. 2015-8-1

    楽しみながら恋人もGET!男性と自然に出会える習い事はコレ!

    「男性との出会いは求めているが、 合コンやお見合い等のいかにも的な出会いはちょっと・・・」 …
ページ上部へ戻る