元彼と繋がりたい!復縁のきっかけを作る正しいメールの仕方とNG例

「元彼の事が忘れられなくて困っています・・・」

そんな悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。

友人に相談しても、
「早く忘れて新しい恋を探しなよ」
などと、否定はされないが肯定もされない。

復縁を目指すべきかどうか迷っているあなたのお気持ちはよくわかります。

どんな別れ方をしたにせよ、
好きになってお付き合いした相手です。

そう簡単に忘れられるものではありませんよね。

ある調査によると、
女性の7割以上が「元彼に未練がある」
という結果が出ています。

そのうちの何割かが、実際に復縁して幸せに過ごしているのです。

あなたが本当に復縁したいと思っているなら
まずは勇気を持って行動してみませんか?

今すぐスマホを片手に取って、
元彼にメールかLineでコンタクトを取ってみるのです。

しかし、いざスマホを片手に取っても、
どんな内容のメール文を送っていいのかわからないはずです。

この記事では元彼にどんなメッセージを送ればいいのかわからない方の為に
送るべきメール、送ってはいけないメールをまとめてみました。

是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まずは軽ーくジャブを打ってみる

20140324162333-318S (1)
別れて時間が経てば、お互いの状況がわからなくなりますよ?

いきなり長々とメールをするよりも、まずは様子見がおすすめ。

「元気?」

などと軽い感じでメールをして近況を聞いてみしょう。

そして、元彼のリアクションを見てみましょう。

返信がなければ、残念ながら今は連絡を取りたくないということです。

もう少し時間をおいて再チャレンジの機会を待ちましょう。

返信があれば、「元気だよ」などのそっけない内容でも、
その後のがんばり次第でまだチャンスはあります。

「そっちは元気?」とか「どうしてる?」
などと返してくれれば好感触です。

少なくとも、メールのやり取りは不快ではないということですよね。

メールをしたかったなど、
あなたの事を気にしていたかもしれません。

いきなりの直球勝負もあり

「元気?」「元気だよ」のやり取りの後、
「彼女できた?」と聞いてしまうのもいいでしょう。

いきなりそんなこと聞くの!?

と思いますか?

でも、別れた後の最初の話題としては、
ごく自然なものではないでしょうか。

メールならドキドキしているのも悟られずに軽く聞けますよね。

彼の返事が、「できた」とか「できそう」など、
新しい彼女への姿勢が前向きなものだったら、
あまり期待はできないかもしれません。

逆に、

「彼女なんていないよ」

などの返信だったら、これはチャンスです。

もしかしたら彼も、あなたに未練があるのかもしれません。

スポンサードリンク

会う口実を作る

元彼に「会いたい」とはなかなか言えませんし、
彼の方も、あまりその気がなければ引いてしまうでしょう。

でも、「会いたい」という以外に会う口実があれば簡単です。

部屋に置いていったものを届ける、
というが一番手っ取り早い口実です。

長く付き合うほど、
お互いの家に自分のものを置くようになるので、
忘れ物の1つや2つはあるはずです。

「うちに荷物があるよ。届けようか?」

と聞いてみましょう。

・借りていたCDを返したい
・貸していた本が必要になった

など、会う口実は何でもいいので
とにかくコンタクトを取り反応を伺いましょう。

送ってはいけないNGメール5選

20140307182206-143S (1)
最後に、送ってはいけないメールもご紹介しておきます。

1・返事の催促メール

まず、催促メールは絶対NGです。

返信がないからといって

・「メール読んだ?」
・「返事待ってるんだけど」

など、追い討ちをかけてはいけません。

返信がないのは、それなりに理由があるかもしれません。

2・未練が伝わるメール文

また、未練たっぷりに「会いたい」などと送るのもいただけません。

別れた彼女にそう言われても、重く感じるだけです。

自分はもう彼女ではないということを自覚しましょう。

3・思い出メール

「あの時は楽しかったよね」

などの思い出話もやめましょう。

終わったことを話されても、

「だから何?」

と思われる可能性が大きいはずです。

せっかく久しぶりに連絡を取ったのだから、
お互いの近況や、これからのことを話題にする方がいいでしょう。

4・謝罪メール

逆に必死に謝るというのも、
よくやってしまいますが、NGです。

あなたは元彼にまだ気持ちがあるので、
付き合っていたころをいろいろと思い出すかもしれません。

そして、自分の悪かったところに気付き、
元彼に謝りたいという衝動に駆られるかもしれません。

でも、繰り返し言いますが、終わったことです。

わざわざ蒸し返されても、
元彼は当惑するだけでしょう。

それに男性というのは、
女性よりも思い出を美化しやすいものです。

悪いことはあまり覚えていないことが多いのです。

5・話を長引かせたいのがミエミエメール

しつこくメールを続けるのも、やってしまいがちなNG行動です。

「じゃあまたね」などの言葉が出た後に、

「そういえば、○○君のこと覚えてる?」

などと話を長引かせようとするのはいけません。

何度かメールのやり取りをしたら、
クロージングのタイミングを早めに見て、
できればあなたから終わらせましょう。

彼に、

「もう少しメールを続けたかったな」

と思わせるくらいがちょうどいいのです。

もしそう思ってもらえれば、
次は彼の方からメールをくれるかもしれません。

自分からメールを止める勇気が必要です。

おわりに

最初に、女性の7割以上が元彼に未練があるとお話ししましたが、
実は、男性も7割ほどが元カノと復縁したいと思っているという調査結果もあるのです。

あなたの元彼だって、
ヨリを戻したいと思っている7割のうちの1人かもしれません。

勇気を出してまずはファーストコンタクトをとってみましょう!

★おすすめ関連コラム★

復縁したい元彼にメールを送る時の注意点|頻繫に送るのは何故NG?
振られたけど諦めきれない場合は?元彼と寄りを戻したい女子の心構え
脈なし態度はもうイヤ!好きな人を自然と振り向かせる5つのテクニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【PR】

【的中率98%!】

恐いほど当たる恋愛占い


こんな悩みありませんか?

「元彼とどうしても復縁したい!」
「このまま不倫の関係を続けて私は幸せになれるの?」
「運命的な出会いを成就させるには?」
「生きている意味が分からなくなってきた・・・」

あなたの深い不安や悩みを百戦錬磨の恋愛占い師に打ち明けてみませんか?

【100人限定】3万人の深い恋の悩みを解決してきたプロの占い師があなたの悩みを無料鑑定致します。
↓  ↓  ↓

*登録して気に入らなければ簡単に解除出来ます。
*【プライバシー尊重】迷惑メール等が行く事は一切ありません。


スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 付き合っている彼氏が喫煙者。 あるいはヘビースモーカーなので、「なんとかたばこをやめてほしい」…
  2. 何事においてもでも、第一印象はとても大事! 特に恋愛では、初対面の男性に与える第一印象を良くす…
  3. 「最近、デートがマンネリ気味・・・」 というカップルにおすすめなのがダブルデート。 友達…
  4. 好きな人や気になる人からキャンプデートに誘われたら、それは「二人の距離を縮める大チャンス到来!」と見…
  5. アウトドアは、普段見られない人間性や考え方がわかるとっても良い機会。 例えば、とにかく自分が楽…

注目コンテンツ

  1. 2015-8-4

    友達以上恋人未満の彼を家に誘い、告白させるアプローチ方法

    友達以上恋人未満の彼。 付き合ってはいないけれど、 デートもするし、彼も優しい。 でも…
  2. 2015-9-11

    肉食系男子が好む女性は?ポイントは二つ!肉食系男子の落とし方

    女性に対しては常に強気。「押せ押せ」でぐいぐいアプローチする肉食系男子を落とすには、基本的に押さえて…
  3. 2015-8-12

    離したくない!彼氏に別れたくないと思わせる彼女になる5つのポイント

    人生には出会いがあり、別れがあります。 いろんな人と出会い、失敗したり、間違えたり・・・ …
  4. 2015-7-7

    デートで喧嘩ばかりしている女子の特徴と彼に好かれる5つのコツ

    「彼のことは大好きだけど、デートに行くといつも喧嘩ばかり・・・」 一緒にいるのは楽しいけれど、…
  5. 2016-1-14

    彼氏にキスマークをつけてほしい!おねだりの仕方と人気の付ける場所

    キスマークといえば、付けられるのも付けるのも恋人ならではの特権! 離れていても彼氏が付けた痕か…
  6. 2015-8-15

    お付き合いする前の男性を女性からデートに誘う3つのテクニック

    草食系男子のように、恋愛において 積極的に主導権を握ろうとしない男性も増えてきた昨今、 デートの…
  7. 2015-6-25

    復縁したい元彼にメールを送る時の注意点|頻繫に送るのは何故NG?

    大好きな彼から突然別れを切り出されたこと、あなたにはありますか? 突然の別れ・・・悲しくて、辛…
ページ上部へ戻る