休みが合わないカップルの愛がさらに深まるデートの仕方

image001 (1)

仕事の多様化などもあって、

「彼氏と休日が合わずにろくにデートもいけない・・・」

と残念に思っている女性も多いはず。

普段会えないから、それを補うために連絡はこまめにとっている。

だけど、「やっぱり直接会いたい」、「長い時間一緒に過ごしたい」と思うのは当然です。
しかし、休みが合わないからといってデートが全くできないというわけではありません。

要はお互いの気持ちと工夫が大切なのです。

そこで本記事では、休みが合わないカップルの愛がさらに深まるデートの仕方をご紹介致します。

スポンサードリンク

1.短い時間でもできるデートを考える

休日が合わなくても、お互い日勤ならば夜に会える時間を作ることは難しくありません。

毎日会うのは難しくても、残業0デーの日は夜デートの日など、お互いにスケジュールを調整しましょう。

短時間でも、食事だけ、帰宅するまでの電車だけなどのデートをすることは十分可能です。

またフレックスがあるなら、忙しくない日の前日はお互いの家に泊まるなど融通を効かせることも難しくないはず。

もし相手が忙しい時期なら、自分から相手に会いに行くようにしましょう。

そこで5分しか会えなくても、顔を見て、手をつないで、一緒にコーヒーを飲むだけでも立派なデートと言えるでしょう。

そもそも休みが合わずになかなか会えないというのは、恋愛の手抜きの理由でしかありません。

会いたいと思う強い気持ちがあれば時間なんてどうにでも都合できるはずですし、疲れていても会いに行くパワーは生まれてくるものです。

つまり、お互い休日が合わない、忙しいといっても、24時間年中無休でプライベートな時間なしに働いているわけではないのですから、相手に会うための時間を作る努力を怠らないことが重要なのです。

2.有給休暇を使う

相手のために有給休暇を使って、相手に合わせて休みを取るのも良い方法です。

あるいは、長期休暇をお互いに合わせて、普段は短時間のデートしかできない埋め合わせをするなどお互いの予定が合うように、ずいぶん前から調整しましょう。

直前に予定を入れても許可されないことも多いでしょうが、かなり前からの予定ならば認められることも多いものです。

3.休みの日はおうちデート

image002 (1)
お互い休みの日がずれていたら、休みの人が相手の家に行って食事を作ってあげる等の「おうちデート」をするのも良い方法です。

おうちデートなんてつまらないと侮るなかれ。

相手が見たいといっていた映画を借りてきてあげる、マッサージしてあげる、好きな食事を作ってあげるなど相手のために何かをしてあげる時間も、二人の愛情を深めるとっても大事なデートになります。

スポンサードリンク

4.一緒に住む

休日の合わないカップルにオススメかつ一番てっとり早いのが一緒に住むという方法。

これならお互いの休日が合わなくても、家で相手の存在を確実に感じられますし、短時間でも時間が出来れば一緒にスーパーに買い物に行くなどのお出かけデートもできます。

また、お互いの活動時間や休日がズレていても、メッセージボードや手紙を利用するだけで、ラインやメールにはないダイレクトな温かみを感じることができますし、ちゃんと自分のところに毎日帰ってきてくれるという安心感はやはり一緒に住まないと得られないメリットです。

一緒に住むことで、お互いの新しい面や知らなかった面などを発見することが出来ます。また、そこから結婚をリアルに考えられるようになることでしょう。

一緒に住むことが難しいなら、せめて同じ沿線や同じエリアに住むなど短時間でもあえるチャンスを作るようにするのもコツです。

5.休日が合わないカップルの大事なポイント

60343725370e0bbd55a5aa4cee093999_s
普段なかなか会えないからこそ、会えた時の喜びや幸せ感は想像以上。

また、マンネリを感じることもなくいつまでも新鮮な気持ちで交際することができるなど、休みが合わないということは強ちデメリットばかりでもないのです。

また、お互いに会える時間の大切さ・貴重さを知っているのでケンカやトラブルも生まれにくい点も、休日が合わないカップルならではのメリットといってもいいでしょう。

大事なことは、会えない寂しさばかりに注目するのではなく、会える時間をいかに作り出し、その時間を充実させるか?です。時間の長さは関係ありません。

そして会えた時には、いつも笑顔で過ごすことがとても大事なポイント。

その時間が幸せであればあるほど、また二人で忙しい時間の合間を見つけて会いたくなりますし、その時間が毎日を頑張るエネルギーになることでしょう。

まとめ

忙しいから、休みが合わないから会えないというのは言い訳。

お互いに強く相手に会いたいという気持ちがあれば、短時間でも会えるようになんとか時間を調整しますし、その努力の甲斐あってつくれたちょっとの時間を二人で過ごすこと自体が素晴らしいデートとなるはずです。

彼氏との休みがあわないなら、お互いに連絡を密に取り合い、歩み寄って時間を二人で作るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【PR】

【的中率98%!】

恐いほど当たる恋愛占い


こんな悩みありませんか?

「元彼とどうしても復縁したい!」
「このまま不倫の関係を続けて私は幸せになれるの?」
「運命的な出会いを成就させるには?」
「生きている意味が分からなくなってきた・・・」

あなたの深い不安や悩みを百戦錬磨の恋愛占い師に打ち明けてみませんか?

【100人限定】3万人の深い恋の悩みを解決してきたプロの占い師があなたの悩みを無料鑑定致します。
↓  ↓  ↓

*登録して気に入らなければ簡単に解除出来ます。
*【プライバシー尊重】迷惑メール等が行く事は一切ありません。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. f381e46d8784168242f948aa4fdace88_s (1)
    付き合っている彼氏が喫煙者。 あるいはヘビースモーカーなので、「なんとかたばこをやめてほしい」…
  2. 428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s
    何事においてもでも、第一印象はとても大事! 特に恋愛では、初対面の男性に与える第一印象を良くす…
  3. 15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s (1)
    「最近、デートがマンネリ気味・・・」 というカップルにおすすめなのがダブルデート。 友達…
  4. 41a28c33bb46004f2dd909f0609d4918_s (1)
    好きな人や気になる人からキャンプデートに誘われたら、それは「二人の距離を縮める大チャンス到来!」と見…
  5. 1e8587c69564d70c1b6c88da3c00f3aa_s
    アウトドアは、普段見られない人間性や考え方がわかるとっても良い機会。 例えば、とにかく自分が楽…

応援して頂ければ嬉しいです♪

注目コンテンツ

  1. fe7d07dd78ebfec9b0485bb99ae0ba53_s (1)

    2015-7-8

    嫌われたけど大丈夫?片思い女子が彼の印象を逆転させる挽回テク

    「ひょっとしたら私嫌われちゃったかも・・・」 「大好きな人に嫌われ、謝りたくても口を聞いてくれない…
  2. 91d6b3fdd4b32304bb84b989f0430969_s

    2016-6-2

    彼氏の浮気証拠をスマホ以外から見つける4つの方法

    「彼氏の態度や雰囲気がおかしい」 「行動に違和感がある・・・」 などと、女の勘が働く時ってあ…
  3. 7e7c81257296366acea3614725e1959f_s (1)

    2015-7-10

    好きな人から急にメールが来なくなった時の対処法|原因は好きバレ?

    今まで親しくメールのやり取りをしていたのに、 急に彼からメールが来なくなったらショックですよね? …
  4. 20130107175354-1S (1)

    2015-10-13

    鈍感な男性に好意を気付かせるちょっと大げさなアプローチ方法

    たまにいるんですよね? 女性からの好意に恐ろしいほど鈍感な男性。 わかりやすいアプローチを掛…
  5. 20141018130226-119S

    2015-8-15

    お付き合いする前の男性を女性からデートに誘う3つのテクニック

    草食系男子のように、恋愛において 積極的に主導権を握ろうとしない男性も増えてきた昨今、 デートの…
  6. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_355215221321-thumb-1000xauto-17902 (1)

    2015-7-31

    毎日仕事で忙しい貴方も出会える!インターネットから始める恋愛戦術

    「仕事が忙しくて毎日が職場と家の往復・・・」 「社会人サークルに今更入る勇気やきっかけもない・・・…
  7. c63e3ff82433ea03bff3e9fdfff20f3e_s (1)

    2015-9-2

    メンヘラ男とのトラブル回避できる上手な別れ方3選

    お付き合いした男性がメンヘラ男だったら・・・ 付き合った彼がメンヘラ男だと気付き、 別れるべ…
ページ上部へ戻る